デビューまでの道のり

会社選びから

タクシー

タクシー運転手になるためには、働くタクシー会社をどこにするのかということを決めなければなりません。ほとんどのところでは、給料は出来高制になっているので、頑張ればそれだけ多くのお金を手にすることができます。その他の勤務時間などの細かなことは、若干異なることがありますし、場合によっては面接と同時に、健康診断を受けなければならない場合もあるので、事前に下調べしておくと良いでしょう。それから、多くの人は二種免許がないと、タクシー運転手の面接を受けることができないと思っているようなのですが、実は会社で免許取得費用を出してくれることもあるので、タクシー運転手を目指すなら、そういった制度を利用してみるのも良いです。タクシードライバーの求人に特化した求人サイトであれば、そのような制度が整っている求人を簡単に見つけることが可能です。

先輩に教えてもらいます

見事採用されると、タクシー運転手としての研修があり、いざデビューとなるわけですが、いきなり一人で走ってお客さんを乗せて、などといったことはほとんどありません。まずは先輩のタクシー運転手や、人事育成のスタッフなどが横に乗って指導してくれます。この時に、道を覚えるのはもちろんのことなのですが、タクシー運転手というのは、ある意味サービス業であるため、そういった部分も学んでおく必要があります。最初は給料を保証してくれることもあるので、その間を利用して、どこに行けばタクシーを使う人がいるのか、近道などがあれば探しておく、または儲かっている他のタクシー運転手などを観察し、良いものは取り入れるようにしておきましょう。